So-net無料ブログ作成

韓国船沈没 船のバランスを保つためのバラスト水は海のバランスを崩す [事故]

韓国船が沈没し、今だ捜索活動が続いていますが、天候の影響で捜索は難航しています。犠牲者の学生の撮った動画の音声が公開されたりして、事故当時の様子が徐々に明らかになっていますね。今回の沈没事故には様々な要因が原因として関係していますが、その一つの要因としてバラスト水を抜いていたのではないかという情報もあります。



バラスト水は貨物船が荷物を積んでいる時と、下ろした時では船の重量が変化するため、荷物を積んでいる時には排出され、荷物を下ろして船が軽くなった時には給水して船底に貯めておく海水のことです。船は重心が低い方が安定し、傾いても復元力を高めることが出来ます。ですからこのバラスト水を調整することによって、船の荷物の積み具合いによって変化するバランスを相応しく保つことが出来ているわけです。



ところが、今回沈没したセウォル号は船の上部に増築し重心が高くなっていた上に、事故当時、通常の3倍以上の積載状態であったと言われています。それでバラスト水を抜いていたのではないかと言われています。その結果、重心が船底ではなく、高い位置になっており、船の傾きによる復元力を失っていたと言われています。



スポンサーリンク


今回の事故当日は濃霧のため、出航がかなり遅れていたということですから、その遅れていた時間に到着した車や荷物をすべて積み込んでいたと考えられるので、今回のような転覆を引き起こす過積載になったようですね。



今回の事故は船長の責任だけではなく、様々な方面に責任がある事故と言えるでしょう。



ちなみにこのバラスト水。船のバランスを保つには不可欠ですが、皮肉にも海の生態系のバランスを崩すという問題もあるようです。



どういうことかと言うと、海外に行く貨物船は積み荷を積んでいない時はバラスト水を給水して復元力を高めないといけませんが、現地に到着し、積み荷を積み込むと今度はそこで重量調整のためにバラスト水を排出しないといけません。つまり海水の中には色々な生物や微生物などが含まれているため、本来その国の海には存在しないはずの生物や微生物がバラスト水の給水排水によって運ばれてしまうことになります。



そのようなことが繰り返されるわけですから海の生態系のバランスが崩れることは間違いありません。



船のバランスを保つために、海のバランスが犠牲になるのです。



やはり人間は総合的なバランスを保つ知識も能力も欠けているのでしょうね。



まだまだ、謙虚に学び、進歩してゆく必要がありますね。


スポンサーリンク



「営業の本質」継承セミナー
http://www.infotop.jp/click.php?aid=240022&iid=59054

「営業の本質」継承セミナー










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国船沈没事故逮捕者最新情報 [事故]

韓国豪華客船沈没事故の最新情報で今だ不明者の安否が明らかにされていませんが、これまでにこの事故を起こしたとして19日にイ・ジュンソク船長(68)と操船していた20代の女性3等航海士、操舵手の3人を逮捕されています。船長は事故につながる無理な操船をしたとの特定犯罪加重処罰法違反など、航海士ら2人は業務上過失致死などの容疑となっています。無理な操船を行ったのは3等航海士のようですが、実際に操舵行為を行った操舵士は「普段より舵(かじ)が大きく動きました。私がミスした部分もあるが、異常に早く舵が回った」と述べています。


そして21日新たに1等航海士ら4人の身柄が拘束されました。航海士3人と機関士1人の計4人です。4人は、乗客を適切に避難誘導せず死亡させたとして、遺棄致死と水難救護法違反の疑いをもたれています。 また救出された機関士の一人が警察からの取り調べを受けた後に自らの命を絶とうとし同僚に制止され未遂に終わったようです。この機関士は病院に運ばれ、命には別状はないようです。


責任を感じて自ら命を絶つということをしても状況をさらに悪化させるだけであるにも関わらず、4月18日には修学旅行中の300人余りが乗っていた京畿道安山市の檀園(ダンウォン)高校の教頭が生徒の家族らが集まる珍島の体育館近くの山中で首を吊って死んでいるのが見つかっています。


何ともやり切れない気持ちになります。



スポンサーリンク



そんな中、


「船内の生存者とサインをやりとりした潜水士がいる」。と虚偽の証言をした潜水士を名乗る女性が虚偽の証言をしたとして警察から逮捕状が請求されているようです。

この女性は沈没事故から2日後の4月18日午前に、ケーブルテレビのニュース専門チャンネルMBNのニュース番組に生放送で「出動を待っている民間の潜水士」として登場し「報じられていることはウソが多い。船の甲板から生存者と対話した潜水士もいる」と話したようです。さらに「警察が民間の潜水士の作業を妨害している」や、「警察関係者が『時間つぶして帰れ』と言っていたと聞いた」などと主張し、マスメディアを通して混乱を生じさせたとして逮捕状が請求されたようです。


しかもこの女性、何と東日本大震災の際も震災のために韓国に帰りたいけど日本にとどまる若者として登場し、日本国内の韓国料理店で働きながら「恋人もいるし友達もいるし、帰れるわけがないじゃないですか」などと話す様子が放映されていたようです。


直接事故に関わって逮捕されるだけにとどまらず、救援活動を混乱させて遅らせる人たちまでいるとは何とも残念な限りですね。



スポンサーリンク


「営業の本質」継承セミナー








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国豪華客船セウォル号沈没事故への日本の支援を韓国政府が辞退したのはなぜ? [事故]

韓国豪華客船セウォル号沈没事故で安倍首相は4月17日朴槿恵(パククネ)大統領に対し、「お悔やみとお見舞いの意を表する。我が国として必要な支援を行う用意がある」とのメッセージを送り、太田国土交通大臣も「(海上保安庁)には特殊救難隊や潜水士というかなり優れた技術を持つ部隊があるので協力を申し入れた」と話し、救援のための援助をしたいという意向を申し出ています。


しかし、韓国側はこの日本の意向を必要ないと辞退したようです。


 菅官房長官が同じく4月17日の記者会見で、海上保安庁が4月16日に韓国の海洋警察庁に救助活動の支援を打診したところ、韓国側が辞退したことを明らかにした。日本政府関係者によると、海洋警察庁は「申し出はありがたいが、現在、特段支援を要請する事項はない」と回答したといいます。


これに対して日本のネット上では


「国民の命よりも反日姿勢、メンツを保つことが優先なのかな?」


「日本の救助隊に遺体バンバン見つけられたらメンツが立たんわな」


「頑固者と言うかどうしようもない国だな」


などとこの期に及んで日本からの援助の申し出を頑に拒否する韓国政府の態度への批判も多く見られます。


スポンサーリンク


確かに今回の沈没事故への対応は完全に失敗しておりもっと早く日本の高い技術の援助があれば人命が 奪われずにすむ可能性もありますから韓国側の態度は歯痒さを感じますね。反日の感情がそのようなところにも 影響しているとするならかなり残念です。


もっとも、韓国側の対応は反日とは関係はなく、急流の領域にたくさんの船が出せないという状況に加えて、足手まといになるのでよその国に入って来られては困るという救助の技術的な問題であるという意見もあります。確かにもう既に現場にはマスコミの船も含め多くの船が来ていて混乱する可能性もありますから混乱を避けるためにそのような措置をとっているのかもしてません。


しかし、米軍は既に援助に協力していると言われているので、やはり日本の援助を受ける選択肢は優先順位として低い位置にあるということでしょうかね。


確かにこのような事故の救援に関して適切なコミュニケーションが図れない国々が協力して一刻を争う救援が円滑に運ぶとも思えないので、韓国が日本の申し出を辞退したのも妥当に思えますが、ならば一刻も早く韓国の力を集結し不明者の安否が明らかにしてほしいものですね。



スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国豪華客船セウォル号沈没の真の原因は『テチュン テチュン』 [事故]

韓国豪華客船セウォル号が珍島沖で沈没していまだに290人の安否が不明であることや今回の事故が起こった原因やここまでの大惨事になってしまった理由について色々なことが言われだしていますね。


事故の原因として言われているのは以下の通りです。


暗礁に乗り上げた。

豪華客船セウォル号の航行ルートには暗礁が多くある場所もあるようです。ただ通常ルートを航行していれば暗礁にぶつかることはあり得ないでしょう。ただ、航行当日は濃霧のため、出航に2時間ほどの遅れが出ておりその遅れを取り戻すために通常とは違う最短ルートを航行したことにより暗礁にぶつかった可能性があります。救助された複数の乗客は、「巨大な音がして、船が傾き始めた」などと証言していることがそのことの裏付けとも言えます。ただ、写真を見る限り船腹の前方半分は暗礁で傷ついてはいませんでしたから後方を暗礁にぶつけたのか、あるいは他の可能性が考えられます。今回の船の船長は「座礁はしていない。船は本当に突然沈み始めた。私には原因はわからない」と話したといいます。


何らかの理由で急旋回したためにバランスを崩した。

海洋水産省によるとセウォル号の航路を調べたら事故直前に急旋回していたことが分かったようです。何らかの理由で急な進路変更を行ったことが事故につながった可能性もあります。特に今回の豪華客船セウォル号は日本から購入された後に改造され総トン量も増え、重心が高くなっているように思われますので、そのような急旋回を行うとバランスを崩し横倒しになってしまったのかもしれません。なぜ急旋回したのかはの理由は分かっていません。今回の事故の際、船長は操縦していなかったと言われています。代わりに入社4ヶ月の25歳の三等航海士の女性が操縦していたとも言われています。何らかの状況で操作ミスはなかったのでしょうか?また、救助された複数の乗客は、「巨大な音がして、船が傾き始めた」などと証言していますが、急旋回によって貨物が傾き船体にぶつかった音でありそのような貨物などの加重移動の結果横倒しになってしまったとも考えられるでしょう。


スポンサーリンク






さらに今回の事故では、事故後の対応の不備によって大惨事になってしまった要因が数多くあります。


まず、事故後の船内放送では客室の方が安全なのでその場にとどまり、待機しているようにという案内がなされたようです。その指示に従った乗客は多かったようでその多くは学生だったようですが、逃げるタイミングを失ってしまったようです。


さらに何とそのようなアナウンスがなされているにも関わらず、船長や乗員は真っ先に脱出していたようです。 この点に関しては船長にかなりの批判が集まっています。船長は真っ先に救出された後自分の紙幣を乾かしていたり、助かったとき、自分はただの船員と述べていたりしましたので、もし本当ならかなり最悪ですね。刑事処罰は免れられないかもしれません。また自分たちは身の危険を感じて逃げたものの、乗客には留まるように指示し、 救命胴衣を配る乗員はいなかったようですから考えられない失態ですね。不明者の大半が学生です。言葉を失いますね。


今回のこの沈没事故は様々な要因が重なって起きた事故と言えます。


韓国のソウル大社会学科の鄭根埴教授は「韓国人の『빠리빠리・パルリパルリ』(急げ、急げ)という民族性のおかげで短期間に高度成長を成し遂げたが、その裏で短期で物事を完成させようとしたり、安易な方法を選んだりすることを当然と考える『대충대충・テチュンテチュン』(適当に、だいたいの意)の傾向があった。セウォル号の惨事も船長と乗組員が原則通りに行動していれば、被害を最小化することができたはずだ」と指摘し、「船長ら責任者数人を処罰するだけでなく、われわれ全体が『テチュンテチュン』の文化を深く反省すべきだ」と呼び掛けています。


대충(テチュン)適当に事態が悪いことではありませんが、대충(テチュン)に빠리(パルリ)急げが加わると不備や過誤が起こりやすくなります。


韓国は沢山のものを犠牲にして成長を遂げようとするのではなく地に足をつけて歩んでゆかなくてはいけないのかもしれませんね。


安否が不明の290名の方の現在の状況はかなり厳しいですが、過去に転覆して30メートル沈んだ船の一室でもう死亡していると思われていたがかろうじて生存できた人もいたようですからまだ望は捨ててはいけないと思います。


沈没船内で約3日生き延びた男性


現在クレーンで船体を浮かせる作業を行っているようなので希望は捨てないようにしたいですね。


スポンサーリンク






旅行なら楽天トラベル




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国豪華客船セウォル号沈没の原因は日本製だから? [事故]

韓国豪華客船セウォル号が沈没し修学旅行中の学生を含む約290人の安否が不明になっていますが、韓国や中国では沈没した豪華客船セウォル号は日本製であることが報道されています。


確かにこの船は平成6年6月から24年9月まで、鹿児島県奄美市のマルエーフェリーが鹿児島と沖縄を結ぶ定期船「フェリーなみのうえ」として運航していたようです。しかし、24年10月に韓国側に売却され、約半年の整備期間を経て韓国で昨年3月から就航し、北西部の仁川と南部の済州島を週2回、片道13時間半かけて往復していたようです。


ネットでは沈没したのが日本製であることが報道されていることからこれまでの傾向から、日本に謝罪や賠償が要求されるのではないかという懸念もなされています。そのようなことにはならないことを願いますが、これまでの国家間の関係を考えるとごねてくる可能性はないとは言えないかもしれませんがね。


スポンサーリンク



しかし、今回の沈没した豪華客船は日本製であるとはいえ、日本での就航中には支障が出るようなトラブルはなかったようです。しかし、韓国に売却された後に船体改造が行われたとみられ、定員は日本時代の804人から921人に増加されたようです。写真などを見ますと最上部の甲板層後部が客室につくりかえられかなり船が上部に背が高くなっているように見えます。救命ボートは定員増加にも関わらず増やされることはなかったと指摘され、甲板層の客室を増やすために、緊急用のモーターボートを撤去したのか無くなっているように見えます。総トン数も増加しバランスを崩しやすい構造になっていたとも、一気に水が流れ込みやすい構造になっていたとも言われているようです。


マルエーフェリー株式会社の担当者は、「韓国側に引き渡す前に旅客船に対して厳しい検査をしている」とのべ、今回の事故原因が船体の改造と関係があるかについては、販売後の用途、改造、検査などについてマルエーフェリー株式会社はまったく関係ないため、答えようがないとのべているようです。そして、同社は今回の事故原因の調査には参加しないとしているようです。


このような改造はよくあるようで、それ自体悪いことではないのかもしれませんが、沈没した原因が改造によるバランスによるのでしたら改造したことが悔やまれますね。


客室を増加したといったことだけで沈没することはないと思いますが、不適切なことが重なるとあのような大惨事になるというよい教訓ですね。


取り残されている人たちの安否が未だ不明ではありますが、少しの望でもあるならそれを信じていたいですね。

スポンサーリンク








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

死亡している桜塚やっくんが自動車運転過失傷害容疑で書類送検される [事故]

昨年10月、タレントの桜塚やっくんら2人が山口県美祢市の中国自動車道で死亡した事故で、山口県警が桜塚やっくんら2人をはねた後続の2台の車の運転主男性2人を、自動車運転過失致死などの容疑で山口地検に書類送検していたようです。


ただ、桜塚やっくんも、はねられる前にワゴン車を運転中、中央分離帯に衝突し、同乗の男性4人のうち1人が軽傷を負ったため、自動車運転過失傷害容疑で容疑者死亡のまま、書類送検されたようです。


亡くなった桜塚やっくんが自動車運転過失傷害容疑で書類送検されるのはちょっと可哀想な気がしますが、まあ、しょうがないと言えばしょうがないですよね。


ネットでは可哀想だという意見もありますが。。。

スポンサーリンク



書類送検というのはかならず行われることですから。。。


亡くなった桜塚やっくんが自動車運転過失傷害容疑で書類送検というのは聞こえが悪いように思いますが、事故や事件が生じた場合普通のことですからあんまり気にしなくてもいいんじゃないでしょうかね。


それよりあのような痛ましい事故が今後起こらないことを願います。


スポンサーリンク



旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

消息不明のマレーシアの航空機は今どこに?ウルトラマン助けにきて! [事故]

マレーシア航空のクアラルンプール発北京行きの乗員12人、乗客227人のボーイング777-200型機が2014年3月8日、クアラルンプール国際空港を出発した後、消息を絶ったようです。現時点分かっている情報によると日本人の乗客はなく、大半が中国人のようですが安否が心配ですね。


 同機はクアラルンプールを8日午前040分(日本時間午前1時40分)過ぎに離陸し、日本時間午前2時20分過ぎ、ベトナム上空でレーダーから機影が消えたといいます。北京には午前6時半(日本時間午前7時半)に到着する予定だったようですが、同機は約7.5時間分の燃料しか積んでおらず、すでに燃料が切れているかもしれませんね。
ウルトラキッズDVD ウルトラマンメビウス パワー大全集! [DVD]

ウルトラキッズDVD ウルトラマンメビウス パワー大全集! [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2009/11/24
  • メディア: DVD
全ウルトラマン ひみつ50 うちゅうを まもる パワーの すべて! (講談社のテレビ絵本 1417)

全ウルトラマン ひみつ50 うちゅうを まもる パワーの すべて! (講談社のテレビ絵本 1417)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/01/30
  • メディア: ムック


 2月にマレーシア当局はスーパーヒーロー『ウルトラマン』を「社会的秩序を乱す」として発禁処分にしましたが、ここで実際にウルトラマンが飛んできて助けてくれたりすると一件落着なのですが。。。


現実の世界はそうはいかないですよね。


無事だといいですが。。


飛行機は安全だと言いますが、事故が起こるとかなりの確立で命を失います。


マレーシア航空機は以前にもけが人はいませんでしたが着陸寸前に機体から何かが落ちるトラブルがありましたが、日本の小型機が鉄塔に衝突した例といい、危機管理が甘くなってきているのかもしれませんね。


気をつけましょう。











旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場




















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スキー事故シューマッハ「人生完全な安全などない。不慮の事故が起こるなら運命と呼ぶしかない」 [事故]

F1レースで最多優勝91回、チャンピオン獲得7度など圧倒的な強さで皇帝という異名を得ていたドイツ人のドライバー、ミハエル・シューマッハ氏がフランスのメリベルのスキー場でスキー中に事故に遭い、ヘルメットをつけていたものの、頭部を強打し、ヘリコプターで病院に搬送されましたが、当初意識はあり、メディアの報道では楽観視されていたようですが、現在は昏睡状態にあり、危険な状態のようですね。


情報が錯綜しており、はっきりした現状は分かりませんが、頭蓋骨を骨折しており、緊急手術を行ったものの危険な状態にあるようです。


意識が戻り、脳障害などが残らないといいですね。


レーサーにとってスキーはとても良く似ているスポーツで好んで楽しんでいることが多いそうですが、どんな滑り方をしていたのでしょうか?



シューマッハ氏は以前、

「人生のどんな場面でも、完全な安全などありえない。確かにF1はモータースポーツの中でも最速だ。 しかし同時に、安全性の技術も飛躍的に進歩している。新コースは、 コース脇に充分なスペースを確保している設計だし、高い安全基準がある。 それでも何か不慮の事故が起こるなら、それはやはり運命と呼ぶしかない」

と述べていたことがあります。


もちろんどんな対策や装備を行っていても、不慮の事故は起こるものですが、 それを見守る私たちは何とかならなかったのかという気持ちになるものです。


ぜひ、回復して、元気な姿を見せてほしいものです。

シューマッハの過去のクラッシュに関してはこんなページもありました。
シューマッハ過去の事故 今回も同じように蘇ってくれるといいのですが。。。












旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場



















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

富士山の救助訓練中の滑落事故、ヘリで救助中に落とされていた? [事故]

富士山の御殿場口登山道で京都府のグループ男女4人が滑落した事故で、消防ヘリで12月1日に男性1人を救出中に用具がはずれ、約3メートルの高さから男性が落下し、そのまま見失っていたようです。


発表によると消防ヘリが12月1日に滑落現場に到着した時はこの男性は消防隊員の呼びかけに返事はしなかったものの、顔をゆがめたり、手を動かしたりするなど意識があったといいます。


ところがその後、隊員が男性に用具を装着し、男性を抱えてつり上げ作業を始めたところ、高度約30メートルで用具がはずれ、地上にいったん男性を降ろそうと、隊員が抱えたままヘリの高度を下げたところ、約3メートルの高さで男性が落下してしまい、見失ったようです。気流や足場の状況が安定しなかったことなどから、同日の救助を断念し、その後改めて捜索され2日心肺停止の状態で発見されたことになります。


その後死亡も確認されています。





市消防局の名取和雄航空課長は「救急活動で誤りは絶対に許されない。このようなことがあってはならず、申し訳ない」と謝罪しています。


このような遭難事故の場合、色々なケースがあり、ヘリでの救助の際、このようなトラブルが生じることもあり得るのかもしれませんが、ミスであるなら悔やまれますね。助けられたかもしれないですよね。


残念です。













旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場



















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。