So-net無料ブログ作成

日米韓首脳会談実現も握手もせず 礼儀や最高の品格はどこに? [世界]

日米韓首脳会談が行われ、安倍総理が朴大統領との会談がオバマ大統領の仲介でようやく実現しました。しかし握手もなく、以前朴大統領は一流の国は最高の品格と質を備えていると述べていましたが、見ていると何とも礼儀がないというか滑稽というかそれぞれの国のリーダーの会談だと思うとお粗末な感じがしてなりません。もっとも、重要な話もきっとされていてそれなりの進展が見られたのかもしれませんが、メディアが取り上げているのは主に両国の首脳の緊張関係についてです。



メディアの前の公式の場では握手を交わさず、その後に実は握手を交わしている写真が公式なのか非公式なのか分からない形で流されるとか、安倍総理がハングルで朴大統領に挨拶しているのにうつむいたまま顔をこわばらせているとか。。。

スポンサーリンク


考えてみますとこのお二人が個人的になにか仲違いしているというより、国同士の問題でそのような態度になっているという背景もありますよね。特に韓国は反日的な政策を取ると支持率が上がるとか。日本と仲良くすると中国が機嫌悪くなるとか。


朴大統領もお父さんが親日的な政策を取ったのであえて反日的な政策を取らざるを得ないのでしょうか?


ただ、単純にこのような首脳の会談での態度を見ていると、国のリーダーとして国民の模範となる振る舞いを示しているのだろうかと考えさせられます。会談を了承しながら母語で挨拶されても俯いていて応じないとか、公式の場ではあり得ないですけどね。国のリーダーがそのような態度を示せば当然国民もそれに倣いそれ以下の低俗な態度を助長することにもなるでしょう。そんなので本当にいいのでしょうか?


ただ、これも民主主義の限界とも言えると思います。所詮、総理大臣も大統領も国内の支持を失っては政権を維持することは出来ません。国民のリーダーでありながら国民の言いなりになってしまう。いや、民主主義ですからリーダーは国民なのかな?でも国民にその自覚はあるのでしょうか?やはりこれが民主主義の限界です。


そのような日米韓の会談がおこなわれているさなか、北朝鮮はテポドンを日本の防空識別圏内に発射なんかしてほんとに何やっているんでしょうね。まあ、北朝鮮はそのような方法でなければ政権を維持できないんでしょうね。それもやはり世襲制民主主義共和政治の限界ってことでしょうか?



スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナタリア・ポクロンスカヤがクリミアの女性検事総長に抜擢された理由 [世界]

クリミアの女性検事総長に33歳のナタリア・ポクロンスカヤさんが抜擢されその美しさがネットで話題を集めていますね。「萌え」「美人すぎ」最近この『美人すぎる〜 〜』て多いですよね。この検事総長ナタリア・ポクロンスカヤさんに限らずウクライナは“美人すぎる首相”として知られたティモシェンコ氏など、美人が多い国として有名です。

ナタリア・ポクロンスカヤの画像は こちら


確かに日本人が好みそうな顔をなっさっておられますね。33歳には見えない少女のような瞳と、アニメにも通じる顔立ちや髪型が日本のアニメファンの心をつかんでいるのでしょうか?ナタリア・ポクロンスカヤさんのYouTube動画は何十万回も再生されているようです。

スポンサーリンク


さてこのナタリア・ポクロンスカヤさんですが、33歳でこの女性検事総長に抜擢されたということですからそうとうに出来る方なのでしょうか?


女性検事総長といったら日本でいうなら検察庁のトップです。とても30代前半の女性が就けるような立場ではありません。


どのような経歴の持ち主なのか調べてみてもほとんど情報がありません。検察で12年のキャリアがあり、主席検事から検事総長に抜擢されたという情報のみです。


どうやらここでもプーチンさんの工作があるようですね。ナタリア・ポクロンスカヤさんはウクライナで起こった政権転覆こそ正されるべきであり、クリミアの住民投票を支持するように主張しているようで、彼女を検事総長という重要なポストにおくことにより、その美しい容姿によって注目を集めるようになったら、その発言も影響力を持つようになるので、そのようなことを見越した世論工作であると考えられているようです。


実際日本でこのように大注目を浴び、彼女のためにクリミアに行く!なんていっている人もいるほどです。


もしそのような世論工作であるならプーチンさんの思惑はある程度成功していると言えるかもしれませんね。


さすがロシアメディア戦略は上手いですね。


しかし、ウクライナの半島のクリミアだけロシアってどう考えても不自然ですよね。今後そのような複雑な国境によってトラブルが起きないといいですね。




スポンサーリンク









旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場



















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカマリファナ、オバマ大統領過去に使用『悪いことではあるが飲酒と変わらない』と合法化歓迎 [世界]

オバマ大統領がマリファナの喫煙は悪いとしつつも、飲酒と変わらないとの認識を示したようです。 19日発行の米誌ニューヨーカー(New Yorker)に掲載された記事のなかで、「これまで伝えられてきたように、私は若い頃にマリフアナを吸っていた。それは悪癖であり悪習だと思う。若い時から成人した後まで吸っていたたばことあまり違いはない」と述べ、マリファナがアルコールより危険であると思わないと述べつつも、オバマ大統領の2人の娘さんには、マリフアナについて「悪い考えだし、時間の無駄だ。健康にもあまり良くない」と話し、マリファナは有害であるものの、飲酒やタバコと変わらないという認識を示しているようです。


オバマ大統領が憂慮しているのはマリファナの有害性よりもむしろ、中南米系や黒人の貧しい若者たちは、裕福な若者たちよりもマリフアナの使用により刑務所に入る可能性が高いこと、中流階級と貧困層の若者のマリファナ使用による処罰の不公平であるようです。


最近コロラドとワシントンで嗜好用のマリフアナが合法化されたことについて、「多くの人が一度や二度は法律を破ったことがあるのに、ごく少数しか罰を受けない状況を、社会の中に作らないことが重要だ」と述べ、歓迎の意を表明しています。


実は世界中で今マリファナ、大麻を合法化しようとする動きが活発になっており、実際、日本では違法ですが、合法とされている国も既に多くあります。 実際、他の麻薬と比較してマリファナは中毒性が少なく、アルコールのように大量摂取による急性中毒による死亡の危険もないようです。


また、大麻はHIV、アルツハイマー、うつ病、強迫性障害、不眠症、てんかん、気管支喘息、帯状疱疹、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、クローン病、パーキンソン病など、約250種類の疾患に効果があるともされています。


それに、危険が少ないなら合法化し、流通を管理した方が、犯罪組織の収入源を絶つことにも繋がりますし、税収も期待できるのでしょう。


このような理由で現在マリファナ、大麻の合法化がすすめられているようです。



ただ、懸念や反対がない訳ではありません。

医療関係者が正しい知識のもとに用いるのと個人が楽しみのために使用するのは訳が違います。知識のない若者が乱用しても身体に全く無害であるわけではないでしょう。


大麻吸煙により気分が高揚し、多幸感が生じる場合と不安や恐怖、猜疑心を伴い時にパニックに陥る場合があこるともあるとのことで、その効果には個人差があるようです。


また依存性も少ないと言われていても全くないわけではありません。大麻の主要な有効成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)の含有量は、近年著しく増加傾向にあり、依存性が高まっていることが危惧されています。また、依存性の低いマリファナが、他の中毒性の高い麻薬への踏み台となることへの懸念もあります。


マリファナ、大麻はアサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたものです。 うちで飼っているインコも麻の実が大好きで麻の実を入れると他の餌を食べないで麻の実ばかり食べてしまいます。そうなると高カロリー摂取になり健康を害するのので良くないのですが、餌箱に麻の実を入れ続けるなら他の餌を食べないで麻の実ばかり欲しがるようになります。


対処方法は麻の実を少なくする、あるいは全く入れないようにすることです。インコ自身が自分でコントロールできないのですから、飼い主がコントロールしてあげるしかありません。麻の実には中毒性はありません。しかし同じ植物からとられる大麻には心身への中毒性が少なからずあります。現在世界中でマリファナ、大麻規制緩和の動きがありますが、本当にコントロールを個人にまかせて大丈夫なのでしょうか?


もちろん合法化したといっても一定のルールは作られると思いますが、今より自由に個人が利用できることになることは確かです。世界中で合法化が進めば世界中の若者の心身に及ぶ影響が心配ですね。


オバマ大統領の言うようにマリファナ使用による処罰が中流階級と貧困層でことなるのは良くないことです。しかし、タバコやアルコールの成人の使用に関しても多くの問題が指摘されるようになっている現在、それらと変わらない、あるいはそれ以上に危険な可能性があるマリファナが合法化されることにはちょっと心配ですね。













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NSA米国家安全保障局は世界中の個人情報を盗みまくっている? [世界]

NSA(米国家安全保障局)が世界中から1日当たり2億件近くの携帯電話のテキストメッセージを収集しているようです。


先日NSAが『クワンタイム』と呼ばれる監視活動を行っており秘密裏にソフトウエアをインストールしたり、無線発信器を挿入したりする方法によって、世界中の10万台近くのコンピューターを監視していたと報じられていました。注目すべきなのは対象となっていたのが、中国軍、ロシア軍、メキシコの麻薬組織--のほか、欧州連合(EU)の貿易機関や、サウジアラビア、インド、パキスタンといった対テロ戦略における米国のパートナー国も監視の対象となっていた点で、しかもほとんどはインターネットのネットワーク経由でコンピューターにソフトウエアを忍び込ませる方法によって監視を行っていたものの中には、無線発信器を埋め込んだUSB機器をパソコンに挿入し、離れた場所から無線を傍受することによって、インターネット未接続の状態でも監視を行っていたようです。


この報道は米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2014年1月14日の報道ですが、今回は英紙ガーディアン(Guardian)と英テレビ「チャンネル4(Channel 4)」の2014年1月16日の報道ということですが、CIA元職員のエドワード・スノーデン(Edward Snowden)容疑者が暴露した機密情報に基づいたものということで、NSAの同プログラムに関する2011年の内部資料と、英政府通信本部(GCHQ)の文書を情報源とした報道となっています。


今回の報道によるとNSAは収集したメッセージを使用して、携帯電話利用者の位置情報、交流関係、クレジットカード情報などのデータを入手しており、収集した情報のメタデータの検索を英国の情報機関に許可していたようです。


また「ディッシュファイア(Dishfire)」という暗号名のプログラムの下で、「可能なほとんどすべて」の情報を収集していたようで、このディッシュファイアは、不在着信通知や国際ローミング料金についての通知など、携帯利用者に自動送信されるテキストメッセージを収集・分析するプログラムで、銀行からの通知を使用して利用者のクレジットカード番号を入手することも可能だということですから携帯電話のセキュリティなんてあってないようなものであることが分かりますね。



もっとも、NSAが行っているのは安全保障上の情報収集であり必要なことなのかもしれませんが、 このような報道から明らかなのは真のプライバシーなんてものはないということです。政府がその気になれば調べられない情報なんてないということです。また、逆に政府がどんなに秘密裏に行おうとしていることでもそれを秘密にすることは出来ず、いつか白日の下にさらされることになるのです。


誰に見られてもいい生き方を1日1日送ってゆかないといけませんね。


そんなこと無理か。。。。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国朴大統領、最高の品格と質を備えた国家とは韓国のことでしょうか? [世界]

朴大統領が安倍首相の靖国参拝をあらためて批判し、日本は一流ではないともとれる発言をしたようですね。


確かに日本政府は一流とは言えないかもしれません。


朴大統領は『一流国家』の『一流』とは、最高の品格と質を備えることだ。国際社会の普遍的価値、人類の良心にそぐわない行動を繰り返す国は、経済力が大きくても決して一流国家という評価は受けない」と述べ暗に日本の行動を批判していますが、本当にその通りだと思います。


わたしも日本が朴大統領が述べるような意味の一流とは言えないと思います。


ただ、一流と言える国は具体的にどこのような国なのでしょうか?指導者というものは人々を指導する際、口頭による説明とともに、模範を示すこ とが求められるはずです。


ですから、具体的に一流の国はどこのどのような国なのか、一流以上の国はあるのか、あるならどこの国なのか明らかにしていただかないと、抽象的で よくわかりませんね。



このような発言は他国を案に批判するには便利な表現かもしれませんが、 自らも指導者である以上、その一流の定義はそのまま韓国政府にも当ては まるということを理解しておられるのでしょうか?


朴大統領はご自身の一流の定義にご自身は当てはまっておられるとお考え なのでしょうか?


最高の品格と質ですか。。。


自己評価はともかく人を公に裁く人はその尺度で自らも裁かれることを 忘れないようにしたいですね。


しかし、すべての国が朴大統領の言う一流の国家になることは良いことです。


最高の品格と質を示す来年の韓国に期待したいですね。






メールアドレスのリストを集める際には、『PMS』というシステムを使うと良いですよ。



効率的にメルアドリストを集められるからです。



無料のシステムだから安心して登録して使うことが出来ます。



下記から「zipファイル」を
ダウンロードして使ってください。



ダウンロードはこちら。
 ↓
http://firestorage.jp/download/15ec94e62af66af90e1c020331f93227c2bf6f4f


「いいね!」で日給2万円が、
大きな実績と共に再び。
ネットビジネスに欠かせないと言われてきた難しいスキルやセンスは一切不要。
それでも1日5分で日給2万円を稼ぎだす、Facebookを使った最新の稼ぎ方を紹介します。
https://www.viral-manager.com/aff/92677/1713/





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本と中国は絶対に戦争にならない? [世界]

 英国のフィナンシャルタイムズ紙(FT)は4日、東シナ海で防空識別圏を一方的に宣布した中国について「1914年に第1次世界大戦を引き起こしたドイツと同じ失敗をする恐れがある」と述べているようですね。


本当にその通りです。


記事の中で現在の中国と日本の対決は、20世紀初頭における(第1次世界大戦勃発前の)ドイツと英国の海軍力拡張競争とよく似ており、当時もドイツと対立するイギリスとアメリカは同盟関係にありましたが、今回は中国と相対する日本のバックにアメリカがいるということになります。


第一次世界大戦も引き金はそのような国家間の緊張関係の中オーストリア・ハンガリーの皇太子が暗殺されたことが引き金となりました。そして当初は短期間で集結すると考えられていたにもかかわらず、様々な国が参戦する泥沼の世界大戦へと発展しました。





今後一方的に設定した中国の防空識別圏内で、中国機と日米いずれかの戦闘機がトラブルを起こすということはあり得ますし、今後韓国が新たに防空識別圏を設定するとさらに複雑な状況が生じる可能性は十分に考えられます。


少なくともしばらく前までは日本においては何があっても『絶対に戦争は反対』と考える人が多かったはずですが、SNSなどを通して人々の心があらわになり、この日本においても隣人に対する敵対的な感情をあらわにする人たちが多いのは本当に心配ですね。


もちろん悪感情だけでは戦争になる訳ではありませんが、人は悪感情と、道具と、機会さえ与えられたら殺人を犯す可能性はかなり高まります。


法律で禁じられていたって関係ありません。
殺人する時には人は法律を破るのです。


日本は憲法で戦争放棄がうたわれているので戦争は絶対起こらないと以前は言われていましたが、現在はどうなのでしょうね?


日本には武器も十分あります。兵隊になる人もいます。悪感情も高まってきました。機会も開かれつつあります。法律も融通が利くように変更されようとしています。


海外のメディアなどを見ると『日本と中国が戦争したなら』というような記事を見かけます。


日本の中にいる私たちからすれば『そんなことあり得ない』と思うかもしれませんが、外から見れば日本はもう既に戦争する要因がすべて備わっているのかもしれませんね。


平和ぼけして現状をしっかり把握しないと突然不測の事態に直面するかもしれません。


しっかり目ざめていたいですね。





メールアドレスのリストを集める際には、『PMS』というシステムを使うと良いですよ。



効率的にメルアドリストを集められるからです。



無料のシステムだから安心して登録して使うことが出来ます。



下記から「zipファイル」を
ダウンロードして使ってください。



ダウンロードはこちら。
 ↓
http://firestorage.jp/download/15ec94e62af66af90e1c020331f93227c2bf6f4f


「いいね!」で日給2万円が、
大きな実績と共に再び。
ネットビジネスに欠かせないと言われてきた難しいスキルやセンスは一切不要。
それでも1日5分で日給2万円を稼ぎだす、Facebookを使った最新の稼ぎ方を紹介します。
https://www.viral-manager.com/aff/92677/1713/







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界的な今年の流行語大賞『セルフィー』とは [世界]

日本では『今でしょ?』じぇじぇじぇ、倍返し、おもてなしが流行語大賞に輝きましたが、世界的にはどうでしょうか?


英オックスフォードの2013年を代表する単語には『Selfie・セルフィー』になったようですね。





この語は特に新語ではありませんが、オックスフォード辞典の定義によるとselfieは、「自分で自分を撮影した写真。一般的にはスマートフォンやウェブカメラで撮影してソーシャルメディアサイトに掲載したもの」となっています。


自分撮りの現象は10年以上前から世界中で生じ、Selfieという単語が初めて出現したのは2002年9月13日、オーストラリアのチャットルームだったそうです。


世界的には、少なくともオックスフォード辞典によると2013年は自撮りの年だったということです。


たしかに誰もが自分の写真を撮って、インターネット上のどこかに投稿したのではないかと思いますね。


日本でも自分の恥ずかしい写真を撮り、それが悪用されたり、自分のふざけた画像を投稿し、大勢の人に迷惑をかけたり。。。。


もちろん笑えたり、和んだり、感動したものもありましたが。。。


この電子機器のselfieという用い方に関して今後世界中で成長してゆくといいですね。


けして“ selfish ” (自己本位)にならないように。











旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場





















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北朝鮮は最も腐敗しているそうだが日本も油断できない [世界]

世界各国の汚職や腐敗を監視するNGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」の2013年の「汚職番付」によると、177カ国・地域中、もっとも清潔度が高い汚職の少ない国は、ニュージーランドとデンマークで、ニュージーランドは8年連続1位。最も腐敗している「清潔度最下位」は北朝鮮とアフガニスタン、ソマリアの3カ国で、北朝鮮は調査対象となった11年から3年連続で最下位となっています。


http://www.transparency.org/cpi2013/results#myAnchor1


日本は18位で昨年の17位から一つ順位を落としています。
日本と関わりの深い国としては、アメリカが、19位、中国は80位、ロシアは127位、韓国46 位、台湾36 位、タイ102 位,イギリスは14位.。


このように見ると日本は関連諸国と比べて清潔で汚職が少ないと言うことが分かりますね。


ただ、日本の現状を知っているわたしたちとしては、このランキングは当てになりませんよね。あくまでもこのようなランキングは相対的なものですから日本が清潔ということにはなりませんよね。他の国と比べると少しましというくらいです。





腐敗の広がりを示す地図
http://www.ti-j.org/cpi2013_map_1.pdf
この地図を見ると懸念されるのは今の世界で腐敗のない国はないということ。


私たちは中国やロシアや北朝鮮の汚職の話を聞くと『なんて国だ』と思いますが、私たちも人のこと言えませんね。


清く正しく生きていきましょう。





メールアドレスのリストを集める際には、『PMS』というシステムを使うと良いですよ。



効率的にメルアドリストを集められるからです。



無料のシステムだから安心して登録して使うことが出来ます。



下記から「zipファイル」を
ダウンロードして使ってください。



ダウンロードはこちら。
 ↓
http://firestorage.jp/download/15ec94e62af66af90e1c020331f93227c2bf6f4f


「いいね!」で日給2万円が、
大きな実績と共に再び。
ネットビジネスに欠かせないと言われてきた難しいスキルやセンスは一切不要。
それでも1日5分で日給2万円を稼ぎだす、Facebookを使った最新の稼ぎ方を紹介します。
https://www.viral-manager.com/aff/92677/1713/






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

張成沢氏失脚?どう変わる?北朝鮮 [世界]

韓国国家情報院によると3日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の叔父である張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長が失脚したそうで、張氏の側近2人も公開処刑されたようです。





 張氏は、北朝鮮の最高指導者だった金正日の側近といわれ、金正日の妹である金敬姫の夫でもある人物です。崔竜海朝鮮人民軍総政治局長とならび、金正恩第1書記の最側近の一人として知られていました。


この失脚が事実で金正恩によってなされたものなら、金正恩は張成沢をやはり脅威に感じるようになったのでしょうか?


これにより金正恩が暴走しないといいですね。


あるいは今までの暴挙が張成沢の影響だったのなら何か新しい変化に繋がると考えられなくはないですが。。。実際、張成沢は冷酷な人であると言う見方もありますので。。






メールアドレスのリストを集める際には、『PMS』というシステムを使うと良いですよ。



効率的にメルアドリストを集められるからです。



無料のシステムだから安心して登録して使うことが出来ます。



下記から「zipファイル」を
ダウンロードして使ってください。



ダウンロードはこちら。
 ↓
http://firestorage.jp/download/15ec94e62af66af90e1c020331f93227c2bf6f4f


「いいね!」で日給2万円が、
大きな実績と共に再び。
ネットビジネスに欠かせないと言われてきた難しいスキルやセンスは一切不要。
それでも1日5分で日給2万円を稼ぎだす、Facebookを使った最新の稼ぎ方を紹介します。
https://www.viral-manager.com/aff/92677/1713/






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

防空識別圏設定した中国対応で日米の足並み乱れる [世界]

一方的に防空識別圏を設定し、飛行する航空機の飛行計画の通報などを求めていた中国に対して、日本は航空会社にその必要はないと通達していましたが、アメリカ政府はアメリカの航空各社が中国当局にフライトプラン=飛行計画書を提出することを容認する立場を明らかにしました。


アメリカ国務省は、11月29日に報道官が「アメリカ政府は国際的に運航するアメリカの航空会社が外国政府の発表する航空情報に従うものと考えている」談話として述べていますが、事実上、中国の要求を容認する立場を明らかにしたことになると思われます。


もっとも、「中国が設定した防空識別圏については、引き続き深く懸念している」としたうえで、「アメリカ政府が中国の防空識別圏の設定に伴う要求を受け入れたことを意味するものではない」とも述べていますが、アメリカのこの対応によって、一旦は中国側の要求に従った日本の航空会社にその必要派内と述べた日本政府とアメリカ政府の足並みは乱れたことになります。


日本の航空会社は引き続き政府の方針に従うようです。





アメリカ政府の意図はよくわかりませんが、もし民間旅客機に関しては民間人の安全を熟慮した結果であるというのであるなら、それは当然の対応かもしれませんね。


不測の事態が生じないという保証はありませんし、そうなっても民間人を巻き込みたくはないうということです。


日本政府はどうするのでしょうね。







メールアドレスのリストを集める際には、『PMS』というシステムを使うと良いですよ。



効率的にメルアドリストを集められるからです。



無料のシステムだから安心して登録して使うことが出来ます。



下記から「zipファイル」を
ダウンロードして使ってください。



ダウンロードはこちら。
 ↓
http://firestorage.jp/download/15ec94e62af66af90e1c020331f93227c2bf6f4f


「いいね!」で日給2万円が、
大きな実績と共に再び。
ネットビジネスに欠かせないと言われてきた難しいスキルやセンスは一切不要。
それでも1日5分で日給2万円を稼ぎだす、Facebookを使った最新の稼ぎ方を紹介します。
https://www.viral-manager.com/aff/92677/1713/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。