So-net無料ブログ作成

岡崎聡子の現在に見る薬物依存の恐ろしさ [事件]

ASKAの覚醒剤逮捕が引き続き話題になっていますが、明らかになればなるほどASKAの薬物依存はかなり根深いものであることが明らかになっていますね。実際のところやめられないというよりはやめたくないのかもしれません。


元体操選手でタレントの岡崎聡子容疑者も2013年9月に覚醒剤所持で逮捕されていますが、彼女の場合、それで7度目の逮捕です。容疑も否認していました。しかも証拠不十分で釈放された逮捕も合わせると13回も逮捕されています。

スポンサーリンク


このことから分かるのは覚醒剤をやめたいけどやめられないというより、やめたくないという人も多いということです。それだけ依存性が高いのでしょう。


岡崎聡子容疑者も覚醒剤に関して「わたしはもうやめられない・・・味わったら、やめるのは無理」と述べていたようですが、薬物が効いている時の感覚と引き換えに何という代償を支払ったのでしょう。


本人は代償と感じているのでしょうか?得るものと失うものの正しい差し引き勘定が理性的に行えるようにならないと薬物から抜け出すことは出来ないでしょう。


今回のASKAもそうですが、岡崎聡子、清水健太郎、田代まさしなど過去に薬物で逮捕された人たちは今やめたいと思っているのでしょうか?


是非やめたいという気持ちを持ってほしいものですね。

スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

現在行方不明の片山祐輔容疑者の前科が今回のパソコンの遠隔操作事件の原因か? [事件]

パソコンの遠隔操作事件で、現在保釈中で無罪を訴えている片山祐輔被告(前科あり)ですが、行方不明だと言われています。5月16日に片山祐輔被告ではなく自分が「真犯人」だとするメールが何者下から報道機関などに送られ、片山祐輔被告冤罪かと思わせる状況になりましたが、片山祐輔被告が5月16日の裁判よりも前に、都内の河川敷で不審な行動をとっているのが捜査員に目撃され、片山祐輔被告がいた場所にスマートフォンが埋められているのが見つかったといいます。そのスマートフォンからは片山祐輔被告のDNAが検出され、真犯人を名乗るメールのアドレスの痕跡もあったようで、時間をずらしてメールを送信するタイマー機能を使うなどして、片山祐輔被告自身が、真犯人を装うメールを送ったのではないかという見方がなされています。しかも現在、片山祐輔被告と代理人とは連絡がつかない状態で事実上行方不明ということですからかなりとんでもない状態ですね。


もし事実であるならこの片山祐輔被告はかなり油断のならない人物ですね。あの素朴な顔や出立ちに騙されてしまう人もいるかもしれません。もっとも、断定は出来ませんが。。


もし、報道が事実で、片山祐輔被告がパソコンの遠隔操作事件の真犯人であり、自らの冤罪を画策しているとしたら彼の目的は何なのでしょうか?


スポンサーリンク



警察組織への挑戦でしょうか?


片山祐輔被告には前科があり、2005年にも、仙台市の女児の殺害予告を書き込んで逮捕され、「エイベックス・グループ・ホールディングス」の会社社長らの殺害予告を大手掲示板サイト「2ちゃんねる」に書き込んだとして脅迫容疑で再逮捕され1年6ヶ月の実刑を受けています。


今回のパソコンの遠隔操作事件で、真犯人は神奈川県藤沢市の江の島で見つかった記録媒体に「以前、事件に巻き込まれたせいで、無実にもかかわらず人生の大幅な軌道修正をさせられた」などと述べる記録を残しており、報道機関などに送った犯行声明メールにも「私の目的」は「『警察・検察を嵌めてやりたかった、醜態を晒させたかった』という動機が100%です」と述べているみたいですから状況証拠からすると片山祐輔被告には今回のパソコンの遠隔操作事件を起こす強い動機はあるように思われますね。


もっとも、以前の仙台女児殺害予告やエイベックス社長殺害予告も実は冤罪であると言う主張もあるのかもしれませんが、たとえそれは無実であってもそれで警察に挑戦して今回のパソコンの遠隔操作事件をおこしたとすれば無実は過去の話で今は立派な犯罪者です。


真相は今後徐々に明らかになってゆくでしょうが、冤罪はあってはならないことです。ですが、冤罪を装うようなことはもっとあってはならないことです。そのようなことを行う人が多くなれば本当に冤罪の人が苦しむことにもなるのです。


片山祐輔被告がはやく見つかると良いですね。


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ASKA(宮崎重明)麻薬で逮捕。本人否定だが本当なら「Say Yes」と言える勇気が必要 [芸能]



「CHAGE and ASKA」のASKAこと宮崎重明容疑者の自宅から、覚醒剤が付着しているとみられる空の袋が見つかっていたようですね。尿検査で陽性反応が出て、自宅では麻薬と合成麻薬のMDMA90錠も見つかり、錠剤を砕く道具や麻薬の検査キットも押収されたようです。また、一緒に一般人で芸能関係の仕事をされていると言う栩内 香澄美容疑者(37)も逮捕されていますが、ASKAさんとは親密な関係だったのでしょうか? MDMAが見つかったということで、以前の押尾学の時を思い出しますね。


ASKAはボーカリストとして尊敬していたのに残念です。


ASKAさんはこれまでにも麻薬の疑うがかけられており、捕まるのは時間の問題かとも思われていましたが、ファンとしては信じたいと思っていた方も多かったのではないでしょうか?


わたしもASKAさんの逮捕は残念に感じています。なぜ薬に走るのでしょうか?他によりどころは見いだせなかったのでしょうか?以前ASKAさんは1993年の「ゴールドディスク大賞」の会見で、「業界の流れは速く、アーチストはアンテナを立てていろいろな変化を敏感に感じ取り、創作するものだと言われるが、そうではなくあくまでCHAGE andASKAらしく活動していきたい」と述べていましたが、あれだけのヒット曲を世に出すと売れ続けるためには相当のプレッシャーがあるのでしょうね。アンテナを色々立ててヒット曲を生み出す方法は企業のマーケティング手法でもあるように大切なことです。アーティストの我を通して売れ続けることはかなり無理があるように思いますけどねぇ。


売れなくても良いのであれば自己満足ですからそれで良いかと思いますが、産業ロックはそれでは通用しませんからね。「そうではなくあくまでCHAGE andASKAらしく活動していきたい」と述べたASKAさんの考え方が自分を追いつめていったとも考えられますが。。


何れにしてもストレスを感じたからと言って、他人や自分を傷つけるのは間違っています。 薬物に依存することも同様です。それはいうならば自傷行為と同じです。麻薬に頼っても目の前の問題から逃れることは出来ません。かえって問題が大きくなるだけです。


ASKAさんを含め薬物依存者が一日も早くそこから抜け出せることを願います。


スポンサーリンク



わたしも実は友人を麻薬で失っています。もっとも彼ははまだ生きていると思います。音信不通という意味です。


彼は以前様々な麻薬や薬物を使用していたみたいで薬物のことはかなり詳しかったのを思い出します。しかし、麻薬依存は克服したみたいで私との付き合いの中では疑わしいことはありませんでした。というか私が気づきませんでした。


しかし、何年も経過した後に彼はずっと麻薬を続けていたことが発覚しました。それも取り返しがつかないような問題を起こしてそれが発覚しました。それ以来彼とは音信不通ですが、今振り返ってみると日々の生活で薬物中毒に陥っている兆候だったなと後で気づくことが沢山思い当たります。


もっと早く気づいてあげていれば本当に克服できるまでに助けてあげれたかもしれないのに、残念でなりません。


薬物依存はそう簡単に抜け出せるものではありません。ASKAさんも含め麻薬を常用してきた人が今後克服するのは並大抵の努力では行えないと思います。人間は他人から期待されているとそれに答えようとしますが、挫けてしまうこともあります。そんな時にすぐに誰かに打ち明けられれば良いですが、実際には期待を裏切ってしまうことを恐れて正直に打ち明けられないものです。そのようにして再び隠れた薬物使用が繰り返されるようになります。


身近にいる人たちがどんな小さな兆候にもめざとくあり、助けてあげたいですね。


もっとも、それ以前の問題として、克服の最初の一歩として、罪を認めるということが必要です。


ASKAさんはまだ容疑を否認しているようです。もちろん断定的なことは周りは述べるべきではありませんが、もし、自分の行ったことを事実に反して否認しているのであれば今回の一連の経緯を考えると大変往生際が悪すぎます。


もし容疑内容が事実であるなら潔く認めて早く克服を目指していただきたいです。


罪を犯したら正直に『はい』と述べる勇気を持ちましょう。


彼の何度も歌われた歌詞にあるように


『SAY YES』と。



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宇宙飛行士若田光一さんの『やっぱり地球はいい』から学べるものとは? [宇宙]

日本人初の国際宇宙ステーション船長を務め、約半年間の長期滞在から帰還した若田光一さんが日本時間の14日午後、中央アジア・カザフスタン北部の空港に到着しました。


長期間の宇宙滞在による無重力状態を経験していたにもかかわらず、半年ぶりの地球の重力にもすぐ馴れて歩けたようで、到着後はインタビューや歓迎式に出席し、そのまま、ヒューストンまで飛んだとか。。。何か宇宙が、一昔前の海外旅行のフライトのようですね。


若田さんは帰還後「ただいま、帰ってきました。長い間無機質なISSにいたので、カザフスタンの草原のそよ風に迎えられた感じがします。やっぱり、地球はいいです」と述べたようですが、何か旅行に行って帰宅後、『やっぱり、家が一番よね』と言いあっている家族と同じだなと思いました。


宇宙に果敢にも飛び出してゆく方達の意義とはどのようなものなのでしょうか?


ある方は、純粋に研究目的で、今後の地球の生活に役立てばと考えている方もいるでしょうし、野心的に、宇宙で生きてみたい。あるいは宇宙での生活を実現することを試みるために出かけてゆく方もいらっしゃることでしょう。


スポンサーリンク



何れにしても常人にはとても果たせそうにもない訓練を経て、宇宙に飛び出し、一定期間死ととなりあわせの過酷な環境に身を置き、帰還の際も、一つ間違えば燃え尽きてしまうような摩擦の中で4Gを経験しながら地球に降り立ち、また活動を忙しく始める宇宙飛行士には一定の敬意を払うべきだと思います。若田さん本当によくぞご無事で。お疲れさまです。


現在、宇宙での生活を試みる研究や計画も盛んになっていますが、将来人類は宇宙で生活するようになっているのでしょうか?


もし、そうなるならそれは野心からでしょうか?それとも必然でしょうか?


必然ではないことを願います。必然的に宇宙に人類がいかなけれければならないということは地球での生活が出来なくなるからです。あるいは生活できても宇宙の生活の方が地球での生活よりも良くなるからです。


それは人類にとって安定的な住みかを失ったことを意味すると思います。若田さんは半年宇宙で生活し、『やっぱり、地球はいいです。』と言いました。1年宇宙にいたらどうでしょうか?2年では?特別な訓練を受けた選ばれし人たちはともかく、大半の人たちは地球での生活を請い求めて理性を失う人も現れるかもしれません。現在地球上の比較的自然な環境下でも人は不満を感じ続けると理性を失いとんでもない行動をとるものです。もし、人類が宇宙に住まなければならな時にはどうなっているのでしょうか?


想像すると悪いイメージしか浮かばないのですが。。。。


私たちはみなエベレストの頂上に行けるわけではなく、南極や北極で、数年生活するようにと言われたら必然が生じない限り、それを望まないのではないでしょうか?


宇宙はそれとは比べ物にならない過酷な環境です。地球を飛び出して宇宙に行けたという言葉だけを聞けば、『自由』ですが、実際の日々の生活は沢山の『不自由』が待ち受けています。


若田さんの言う通り『やっぱり、地球はいい』のです。壊れかけているとはいえ、まだ宇宙よりましなのです。


いま、都内や地方でも家を失ったホームレスが過酷な生活を日々強いられています。しかし、彼らには空気があります。重力もあります。もし地球環境がこれ以上に悪化し、人類が必然的にこのかけがえのない住みかを去らなければならないとしたらそれはいまホームレスが経験しているよりもはるかに過酷な生活が待ち受けていると言えるでしょう。


若田さんの言う通り『やっぱり、地球はいい』のです。


この住みかを守り、大切にして生活してゆきたいですね。


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マイケル・ジャクソンのニューアルバム『Xscape』は直面する圧力と失われたシステムからの逃避? [音楽]

2009年に亡くなった米歌手、マイケル・ジャクソンさんの新アルバム「Xscape(エスケイプ)」が発売されました。今回のアルバムは生前の未発表作品8曲を収録したもので、「スリラー」(82年)や「バッド」(87年)といった大ヒットアルバムに収録されなかった未発表曲の中から選ばれたようです。マイケル・ジャクソンさんボーカル音源を生かしつつ、米国人ラッパーのティンバランドはじめ、ロドニー・ジャーキンス、スターゲイト、ジェローム“Jロック”ハーモン、ジョン・マクレーンなど一流のプロデューサー陣が楽曲を『今風』にアレンジしています。


今回エグゼクティブ・プロデューサーを務めたエピック・レコード会長兼CEOのL.A.リード 氏は、米NBCテレビの番組Todayに出演し「マイケルが歌を残した未発表曲を完全に、徹底的に、何度も聞いた──それが私の道案内だった。中でも素晴らしいメロディーを持ち、今でも説得力があると私が思ったものを選曲した」と語ったといわれています。


参加ミュージシャンも豪華で、メアリー・J・ブライジ、クエストラブ(ザ・ルーツのドラマー)、ディアンジェロ、ジェシー・ジョンソンなどが招集されているようです。


Xscape.png






スポンサーリンク



収録曲は

1. 「Love Never Felt So Good」


2. 「Chicago」


3. 「Loving You」


4. 「A Place with No Name」


5. 「Slave to the Rhythm」


6. 「Do You Know Where Your Children Are」


7. 「Blue Gangsta」


8. 「Xscape」


9.「Love Never Felt So Good」(original version)


10.「Chicago」(original version)


11.「Loving You」 (original version)


12.「A Place with No Name」(original version)


13.「Slave to the Rhythm」(original version)


14.「Do You Know Where Your Children Are」(original version)


15「Blue Gangsta」(original version)


16.「Xscape」(original version)


17. 「Love Never Felt So Good」 (with Justin Timberlake)


18. 「Xscape Documentary」 DVD


19. 「Xscape Documentary Outtakes」 DVD


ティンバランドは米音楽誌ビルボード(Billboard)に対し「今日のポップ界で流行っている何とでも競争できる」と太鼓判を押しています。


私も早速iTunes Storeで聴いてみましたが、今風のアレンジはともかく、マイケルのオリジナルバージョンが入っているのが良いですね。


あなたもキングオブポップを久しぶりに堪能してみてはいかがですか?


それにしてもマイケルは当時何から逃げたかったのでしょかね?
直面する圧力と失われたシステムからの逃避?
みんなが思っているものと全然違ったりしてね。
ともあれ、彼は一切の圧力やシステムからは解放された状態にあります。
それは彼にとっては幸せなことかもしれません。
もっとも、彼はその幸せすら感じることが出来ない死というシステムのもとに捕われているとも言えるのですが。。。。


Xscape.png






スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鍵とスマートフォンが互いに探し合える『GOKey』が凄い [携帯電話]

忙しい生活の中で探している時間がないのになかなか見つからないのが携帯と鍵ではないでしょうか?携帯は他の電話があれば着信音で探すことが出来ますが、家や車の鍵はなかなか見つからないもの。鍵を見つけるアイテムも色々ありますが、この『GOKey』はキーホルダに取り付けられる多機能モバイルバッテリーでキーホルダーに取り付けることによって、鍵とスマートフォンが相互に探し合える凄いアイテムです。 まずは、動画をご覧ください。







この図表にも示されているようにこのGOkeyの機能は以下の通りです。


スポンサーリンク


BluetoothでiPhoneを探すこともGOkeyを探すこともできます。

ポイントはスマートフォンを探せるだけではなく、GOkeyの付いた鍵を探すこともできる点です。











バッテリーチャージ

大きいモバイルバッテリ持ち歩くのは大変ですよね。でもキーなら一緒に持ち歩いているはず。スマートフォンがバッテリー切れの時はチャージできます。









フラッシュメモリ

8GB、16GB、32GBのフラッシュメモリーを内蔵していますのでデーターの保存や受け渡しが出来ます。パスワードがかけられるみたいでセキュリティも安心です。









Lightningケーブル

iPhoneとパソコンを繋いでsyncさせることも出来ます。









このように「GOkey」は多機能でとっても便利なガジェットであることがわかります。


ただ、この「GOkey」はまだ販売していません。


現在商品化するためにネットで資金調達を行っているようです。


現在もうかなりの出資があったようなので商品化は間違いなさそうです。


現在49ドル以上出資するとGOkeyを1つもらえるようです。Indiegogoで募集しているので興味ある方は覗いてみてください。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮崎でバスハイジャック事件発生!その意図とは? [事件]

2014年5月11日午後10時過ぎごろ、宮崎県内の高速バスに乗っていた乗客から「バスジャックにあっている」と宮崎県警に110番があったそうです。


 宮崎県警によるますと、ハイジャックされたと見られるバスは宮崎県えびの市の九州道えびのインターチェンジを降りた後に、駐車場に停車し、刃物を持った40代の男が乗客4人と運転手を人質に立てこもっているようです。今のところ、けが人は確認されていないようですが、心配ですね。


ハイジャックの語源としてはいくつか通説がありますが、


追いはぎを意味する「Highwayman」と密猟者を意味する「Jacker」を組み合わせた単語である「Hijacker」から転じたもの

「Stick'em up high, Jack(手を高く上げろ)」という強盗の文句から成立した

駅馬車強盗が駅馬車の御者を呼び止める時に「Hi, Jack!」(やい、おめぇ)と声をかけた事から

とWikipediaに述べられていましたが、日本ではハイジャックというと何か目的や意図を持った犯罪事件という印象を持ちますが、語源からするとたいした意図がなくてもハイジャックと呼べそうですね。


スポンサーリンク



今回の事件はどんな理由があるのでしょか?『どのような意図があっても他人の命を危険にさらす行為は許されるものではありませんよ!』(右京さん風に)

人質になっている三人の乗客と運転手の安否が心配ですね。

何もしてあげられないのが残念です。

40代の男性ということなのである程度常識が分かっている方だとは思いますが、そんなこととしても問題がさらに複雑化するだけです。

少なくとも人質には危害を加えることなく投降してほしいですね。

記事を書いているうちに状況が変化したようです。(^.^;


はさみのよな刃物で脅していたようですが、身柄をを確保されたようです。


何はともあれ身柄を確保されたのは良かったですね。
スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。