So-net無料ブログ作成

ストリートビューグーグルマップでシロクマを探そう! [サイエンス]

International Polar Bear Day (国際ホッキョクグマの日)である2月27日に、ホッキョクグマの観測スポットとして知られるカナダのマニトバ州チャーチルをストリートビューで体験できるGoogleマップの特別ページが公開されたので早速探検してみました。


チャーチルは人口約800人の小さな町で、早い時期から結氷し始めるため、結氷シーズンには広い範囲からホッキョクグマが集結する絶好の観測スポットです。


ではさっと、カナダのマニトバ州チャーチルに飛びましょう。

bear03.PNG

ほう、さすがツンドラ。


さてシロクマさんを探しましょうか。

bear04.PNG

いません。

bear05.PNG

ここにもいません。。。

bear06.PNG

シロクマさ〜ん!どこ〜。

bear01.png

いた!





bear02.png


かわい〜い!!


なんていう探索をタンクトップでも出来てしまうのがストリートビューの素晴らしいところ。





さすがテクノロジー!













旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場


















nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ケンドーコバヤシ逮捕の本当の理由 [芸能]

芸人のケンドーコバヤシ、本名小林 友治が逮捕されました。(笑)
緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕  ~事件の真相に迫る・完全版~ [DVD]

緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕 ~事件の真相に迫る・完全版~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー
  • 発売日: 2013/02/09
  • メディア: DVD


ケンドーコバヤシ逮捕の見出しに皆ビックリされていますが、理由はと言いますと、ケンコバの愛称で知られるケンドーコバヤシが、超人気お笑い芸人たちを集結し、壮大でデタラメなコントを繰り広げ逮捕されるという企画でケンドーコバヤシ芸歴20周年記念作品が出されたというのが本当の理由です。


「緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕 ~事件の真相に迫る~」と題するこの作品の内容は

お笑い芸人ケンドーコバヤシが遂に逮捕されたというニュースが世間を騒がせ、とある地方では、お昼の人気ワイドショー番組が、その事件の真相を追う! というもの。
豪華芸人の面々がそれぞれの役になりきりながら、ワイドショー番組によくある警察署前からの中継、再現VTR、スタジオでの図解説明、評論家や文化人のコメント、現場レポート中継、目撃証言者VTRなど、さまざまな角度で事件を追というものです。 はたして、ケンコバが逮捕されたその真相は…?


うぅ〜ん。。。


微妙かも。。。。


スポンサーリンク


興味のある方はご覧ください。Amazonで送料無料で¥ 2,891です。

なおこのDVDには特典映像として

● ケンドーコバヤシ逮捕の真相、サイドストーリー 刑事ドラマ「パートナー」
● さらにスタジオ収録を終えて番組を振り返る、未公開トーク
● 本当に滑舌が悪かった…! 未公開映像

などがついているそうです。

出演者はケンコバの他に、
ワイドショー番組の司会者・富田林おさみ ・・・・・・・中川家 礼二、
アナウンサー・佐藤富雄(とみお) ・・・・・・・・・・・麒麟 川島明、
ワイドショー番組のアシスタント・山本トン子 ・・・・・渡辺直美、
ゲストコメンテーター/犯罪心理学者・鉄兜勇・・・・・・ケンドーコバヤシ、
ゲストコメンテーター/帝京都学教授・二段階右折・・・・次長課長 河本準一、
ゲストコメンテーター/町会議員で轟建設社長・轟三郎・・バッファロー吾郎 A、
ゲストコメンテーター/芸能レポーター・松尾幸太郎・・・桂三度、
ゲストコメンテーター/書道家・毘沙門天空・・・・・・・野性爆弾 川島邦裕、
ゲストコメンテーター/フットボールアワー後藤・・・・・フットボールアワー 後藤輝基。


など多数出演されています。


購入した方の評価を見るとちょっと微妙かもしれませんね。ケンドーコバヤシファンの方にはいいのではないでしょうか?





スポンサーリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビットコインのマウントゴックスサイトはなぜ閉鎖になったのか 今後換金できる? [ネットビジネス]

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の日本の取引サイトであるマウント・ゴックス社は2011年3月にビットコインの取引交換所が閉鎖状態になっているようです。


 同取引所では2月7日から、ビットコイン取引の機能に不具合があるとして取引を停止していましたが、運営するマウント・ゴックス社(東京)の担当者は2月中旬に、「しばらく何も話せない」と述べていました。


同社のホームページも2月25日現在、閲覧できない状態になっており、今後、同社に預けたビットコインの370億円相当が換金ができなくなる可能性もあるそうです。


なぜマウント・ゴックス社の取引所は閉鎖になったのでしょうか?これに関する怪文書が出回っており、信憑性は定かではありませんが、これによるとマウント・ゴックス社はサイバー攻撃により、数年間に渡り、744,408BTCを失ったとのことです。Mt.Goxはすでにいつ破産してもおかしくない状況にあるそうです。ビットコイン全体への影響は計り知れなく、状況は、マウント・ゴックス社を救出するしないというレベルを超えているということです。


この問題はビットコインの問題というよりマウント・ゴックス社一社の問題ということなのでビットコインの取引の信頼性が問われることにはならないかもしれませんが、マウント・ゴックス社で取引を行っている方は何らかの措置がとれることをお祈りしています。もともとビットコインはハイリスクなもので日本の法律では利用者を守ることが出来ないものなので利用者が自己責任で運用しなくてはならない性質のものですが、利用者としてはたまったものではありませんよね。


 マウント・ゴックス社は2011年3月にビットコインの取引交換所をネット上に開設し、それ以来、取引量は1000億円以上にのぼっており、一時期は世界のビットコインの8割を扱っていたとされれていました。


 








旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場




















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

“佐村河内守は娘をマインドコントロールしている”義母激白 [音楽]

佐村河内氏の妻の母が今回の騒動に関してインタビューに答えていますね。
義母の話だと娘と佐村河内氏が交際を始めた時から嘘をつき娘に近づいたことに気づいたようで佐村河内氏には不信感を持ち、ハワイに一緒に旅行に行った時、佐村河内氏の娘に対する接し方がおかしかったことから不信感をさらに深めていったようですね。

その母の話だと佐村河内氏の家にはピアノがなく妻の実家にあるピアノをもらいたいとも言っていたようです。


佐村河内氏は昔から演技がうまく義母はそれを『大根役者』と評していましたが、騙されてしまう人もいたのかもしれません。佐村河内氏の妻もその母によるとマインドコントロールされているということです。


妻の母とその周辺は佐村河内氏に不信感を持っていて耳が聞こえないと言い出した時にも『あれ嘘じゃない?』『いつかバレるよ』言い合っていたようです。

その義母は今回の騒動で新垣氏が告発したことについては『感謝している、本当に良くやってくれた』と述べています。


『新垣さんに会うことが合ったらよろしくお伝えください』とまで述べておられました。


また娘さんに関しては心配もなっていて佐村河内氏と別れてくるなら家は空けてあるからとまで述べていました。


今回の騒動の佐村河内氏をよく知る人たちの証言を総合的に考えてみるとやはりすべてが演技であった可能性は高いように思われますね。


やはり嘘はいつか明らかになります。正直に生きてゆく良い教訓にしてゆきたいですね。


また佐村河内氏ももし今回の件が根も葉もない言いがかりなのでしたらはやく釈明をなさっていただきたいと思いますね。










旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場


















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英語は敵国語?森元首相の発言に記者当惑 [英語]

2月9日、ソチで2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が記者会見し、森喜朗会長ら執行部が高齢で語学力に乏しいことなどについて記者から厳しい質問を受けたようです。森氏は第2次世界大戦に触れ、自分たちの世代では英語は「敵国語だった」と述べ、昔はボール、ストライクも『よし』『駄目』と日本語を使わされて野球をやっていた。私の世代はよほど特別に勉強した方じゃないと外国語をよく理解しない」と説明しました。

 出席した記者からは「敵国語とは不快な表現だ」(英国人記者)「ジョークだと言えば笑い話で済んだが、そうではなかった」(米国人記者)と当惑する声が聞かれたようです。


森氏は良く失言で取りざたされますねぇ。メディアも狙っているのでしょうね。 以前クリントン大統領にHow are You?と尋ね、クリントン氏がそれに答えた後にMe, too.と言うことだけ準備していたら実際には、Who are You?と言ってしまい、ジョークだと思ったクリントン氏が"I'm Hillary's husband."(ヒラリーの夫です)と答えると森氏はMe, too.と答えててしまったという話がありましたが、どうやら捏造された話だったようですね。


さすがに英語が苦手だと言っても首相が大統領にそんなへましませんよね。しかし日本語の森氏の表現は誤解を生む表現が多いのかもしれませんね。『神の国』発言とかね。ただ敵国語だったという表現は出席者の感情を考慮していないとは思いますが、事実ではあります。『敵国語だ』ではなく過去形の『だった』ですしね。こういう表現を使う時には『今は我が国でも本当に愛されている英語ですがかつては…』とか『わたしも勉強したかった言語だったのですがかつては…』と言い添えると柔らかくなるのにね。


もっとも影響力のある人の公式な会見での発言ですからそんなこと承知の上で発言された政治的に意図のある言葉だったのかもしれませんが。。。


何れにしても60年前には英語を使ってはならない時代があったのは事実で、今も日本人の多くは英語の必要性を感じている人は特に地方へ行けば行くほど多いように感じます。ちょっと英語を使うと気取っているように思われたり、(日本の標準語も!)なかなか保守的な人たちは難しいものですね。


でもこれからの時代、英語を理解でき、話せることは非常に重要だと思います。これだけインターネットが普及し、世界中の人々が接触を取ることが出来る時代に日本語だけでは限界があると思います。日本語は1億人、英語は20億人が使っているとされています。この数の比較を考えても英語を知るメリットが分かります。森氏の世代の方たちは今から英語を学ばれるのは難しいでしょうが、言語学習に年齢はそれほど影響しないという意見もあるので、どの世代かにかかわりなく英語を学ばれるのはいいことかもしれませんね。

わたしもまた、まじめに英語学習再会しましょうかね。



無料!「英文・英単語がたった10分であきれるほど覚えられる方法」
英語を話したい方、TOEIC650点以上取りたい方に。たった10分の訓練で
英文・英単語をザクザク覚えられる方法があります。先着100名様無料です。
今すぐクリック⇒ 特集ページ










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐村河内守は作曲だけでなく、聴力障害も詐欺!? [音楽]

新垣隆さんが2月6日都内で会見を行われましたが、神妙な表情で記者のどんな質問にも答えると反省の態度を表していますね。


自分を佐村河内氏の共犯者だと述べ本当に申し訳ないと反省の気持ちを表しています。


この会見で衝撃的だったのは佐村河内氏は曲を作っていなかっただけではなく、経歴が嘘であったというだけではなく、なんと聴力を失っていたということも嘘かもしれないというものです。新垣氏はこれまで曲を作りその録音を佐村河内氏に聴かせ、佐村河内氏がそれにコメントしていたということなので、普通に会話も行え、聴力は失われていないと言えるかもしれません。また、佐村河内氏は設計図のような指示書でコンセプトを伝えて新垣氏がそれを曲にしていた曲もありますが、多くは完全にはじめから新垣氏が作っていたとも述べておられました。また佐村河内氏のピアノの演奏能力はごく初歩的な技術しかないようです。絶対音感も嘘でしょうね。


この会見が事実なら佐村河内守という男は完全なペテン師ということになります。


もちろんこれは一方の釈明ですからもう一方の主張を聴かなければ確実なことは分からないとは思いますが、かなり信憑性が高い会見内容と言えるでしょう。


新垣氏は自分は佐村河内氏のゴーストライターを行っていたという認識を持っていたということを正直に述べておられ、これまで作った著作権に関しては自分は放棄するとも述べておられます。


これまで18年間に佐村河内氏側からもらった報酬は700万前後、印税は一切もらっていないようです。


講師も務める新垣氏と世間に名の知られた佐村河内氏の今回の社会に与える影響は本当に大きいものになると言えるでしょう。特に、先生から教えられた生徒たちの気持ちを考えると若い心に与えた影響は計り知れないものでしょう。












旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場



















nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD印税は一切もらっていなかった新垣隆氏、ゴーストライターとしての意義は何? [音楽]

引き続き聴力を失った作曲家が実際には楽曲を作っておらず、実際に作っていたのはなんと有名作曲家、ピアニストの新垣隆氏であったことが話題になっていますね。


どうして新垣さんはゴーストライターの仕事を引き受けてしまったのでしょうか?


佐村河内さん33歳、新垣さん25歳の時映画音楽のオーケストラ楽曲を仕上げてほしいと言われたのがきっかけで新垣氏が佐村河内氏のために曲を書くことが始まったようではじめは軽い気持ちで引き受けたようです。


言わば二人三脚で、楽譜を書けない佐野河内さんがコンセプトをが新垣さんに発注し新垣さんがオーケストラに仕上げ録音データにし、佐村河内さんがその楽曲を売り歩くというかたちをとっていたようです。そのようにしてあの20万枚以上売り上げた楽曲たちが生まれたのです。


佐村河内さんが0を1にし、新垣さんがそれを何倍にもするという形で共に共同制作を行ってきたようですが、創作活動においては0を1にするということがもっとも難しいことだと言われています。先日STAP細胞を思いもよらない形で生み出した若き女性が注目を集めましたが、どんなに百戦錬磨の科学者たちが取り組んでも考えもつかなかったようなものがあのようにして生まれるわけですから佐村河内さんが本当に0を1にされたのであればそれはひとつの偉業ということも出来ると思います。


もちろんだからといって嘘を正当化できるものではありません。はじめから合作、共作という形にしておけば何の問題もなかったのにね。そうしなかったことが悔やまれますね。


佐村河内さんから新垣さんへの報酬は最高200万円で普通は10万から15万ほどだったようですが、沢山売れていた佐村河内のアルバムのCD印税からは一切もらっていないそうです。


新垣氏はこの18年間そのゴーストライターとしての仕事にお金以外のどんな意義を見いだされていたのでしょうか?


ご本人に尋ねてみたいですね。











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐村河内守さんのゴーストライターは何と新垣隆さん? [音楽]

新垣隆さんは、1970年生まれのピアノ演奏者で、名門である桐朋学園大学音楽部作曲を卒業し桐朋学園大学音楽学部非常勤講師も勤める方です。


現在でも様々な楽器を用いた革命的とも言える現代音楽の作曲を行い、作曲、演奏の両面において幅広い活動を展開しておられます。



佐村河内守さんとも一緒に仕事をなさっておられ、指揮者としてクレジットされたりしていましたが、実際は新垣さんが作曲も行っていたということなのですね。
18年間もゴーストライターをやっていたとは。。。

2月6日会見を行うということなので注目です。






メールアドレスのリストを集める際には、『PMS』というシステムを使うと良いですよ。



効率的にメルアドリストを集められるからです。



無料のシステムだから安心して登録して使うことが出来ます。



http://www.pm-ms.com/archive/52df8d79117c1.pdf
フォームはこちら
http://www.pm-ms.com/users/register/5257f3f808dc0/52df8d79117c1/4


「いいね!」で日給2万円が、
大きな実績と共に再び。
ネットビジネスに欠かせないと言われてきた難しいスキルやセンスは一切不要。
それでも1日5分で日給2万円を稼ぎだす、Facebookを使った最新の稼ぎ方を紹介します。
https://www.viral-manager.com/aff/92677/1713/





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐村河内守は楽譜の読み書きも出来ない?楽曲はすべて他人の作 [音楽]

こういう人たちのニュースが絶えないのでみんな誰も信じられなくなるのでしょうね。佐村河内守さんはクラッシックの作曲家で、4歳からピアノの英才教育を受け10歳でバッハやベートーベンを弾き熟し、中学高校時代は音楽求道を邁進し、17歳の頃から聴覚障害を持つようになり、現代音楽の作曲法を嫌い音楽大学には行かなかったものの、独学で音楽を学び続け、36歳の頃には完全に聴力を失うものの絶対音感だけを頼りに作曲を続け、1999年、ゲームソフト『鬼武者』の音楽『交響組曲ライジング・サン』の成功により、米『TIME誌』で現代のベートーベンと称され、「交響曲第1番 HIROSHIMA」で表現した核廃絶への思いや、「ピアノのためのレクイエム」に込めた東日本大震災の被災者を悼む心を表現し、クラッシックでは異例の18万枚のセールスを記録した素晴らしい方だと思われていた方ですか、何とご自分で作曲していたのではなく、それらの曲にはゴーストライターがいたということが話題になっています。


このゴーストライターの新垣隆氏は早くこのようなことを終わりにしたいと考えていたようですが、佐村河内さんがそれを聞かず、インタビューで自分の経歴について答える際にも、まるでそのゴーストライターの新垣隆氏の経歴をそのまま使っているかのようなことまで語られていることから良心のために告発することにしたようです。この新垣隆氏によると佐村河内さんは音楽大学にも行ったことがなく(これは本人も認めている)、正式な音楽の教育をけたことがなく楽譜を読むことも書くこともできないそうです。聴覚障害の方が作曲を行うためには楽譜は読み書きできないと難しいでしょうねぇ。


これに対して佐村河内さんサイドは、ご自分ですべて行ってはいないことを認めてはいるようですが、『提案した楽曲構成イメージを特定の別の人物に具現化してもらう形式で創作活動をしていた。具体的に作曲を行っていた方も作曲者として表に出づらい点があったのでこのような方法をとっていた。』と述べているようです。


何が作曲になるのかという定義にもよると思うのですが、ポピュラー音楽の場合、本人が作詞作曲と表記されていても実際には別の人が造ったオケにメロデーを付け、歌詞をのせている程度であるという方はとても多いと思うのですが、作詞作曲と表記されるとすべて自分で造っていると誤解する人は多いでしょうね。ましてやクラッシック、しかも交響曲の場合、作曲というのは単に主旋律のメロディーラインをイメージできるというだけでは不十分です。しかも佐村河内さんの場合、聴力がなくなっていますし、ゴーストライターの方の告発が事実であるなら楽譜を読むことも書くことも出来ないということです。もちろん楽譜を使わなくても作曲は出来ますが、聴力を失っていては難しいかもしれませんね。主旋律のメロディーラインすら作っていないとするならそれをご自分の作曲とすることは難しいでしょうし、もしそうしていたらまさに近年食品業界で問題となっている虚偽表示となることでしょうね。食品業界の大半はそれは虚偽ではなくミスだと釈明しましたが、佐村河内さんの作品を取り上げてきたテレビ局やレコード会社もやはり自分たちが詐欺を行ったのではなく騙されていたのだと釈明していますね。
確かにそうなのでしょうが。。。


騙す人たちは騙された人たちの気持ちになっていただきたいと思います。詐欺を働く人たちははじめはそのようなつもりはないはずですが、様々な事情が重なってそのような行為を正当化するようになってしまい、いつの間にか罪悪感をほとんど感じなくなってしまうようになっています。佐村河内さんへの告発が真実であるなら佐村河内さんは本当によく今後反省していただきたいと思います。


ただ、音楽を少しかじっているものとしての意見を述べさせていただけるなら、楽曲の価値は誰が作ったかということは本当は重要ではないと思うのですけどね。きっとそのゴーストライターの方もかなりの音楽スキルのある方でしょう。そのような方が裏方で作って「交響曲第1番 HIROSHIMA」や、「ピアノのためのレクイエム」が生まれたのです。当時何の先入観もなく聴き、感動できたそれらの楽曲が、今騒がれている問題によって突然軽んじられるようなことにならないことを願います。誰が造ったとしても『良いものは良い』『悪いものは悪い』ですよ。


明日以降このゴーストライターの方の記事がさらにでるようなのでこの問題の今後の進展に注目ですね。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。