So-net無料ブログ作成

尾木ママ入院の理由 [ニュース]

スポンサーリンク



尾木ママの愛称で知られる教育評論家の尾木直樹氏が入院されたようです。いつもテレビで元気なお姿を拝見していましたし、病気とは無縁に思えましたが、一体どうしたのでしょうか?どうやら尾木ママは学生時代にむち打ちを経験されているらしく、その症状が悪化し、脊椎に負担がかかるようになり、神経にも悪影響を及ぼすようになったため手術に踏み切られたようですね。


脊椎狭窄症とは加齢など何らかの原因によって筋肉の機能が低下し、脊椎管の開閉ができなくなるために神経を圧迫し、血流が悪くなったり、痛みやしびれや麻痺が生じたりする病気です。原因は先天性の発育障害もあるようですが、それ以外にも前屈みの姿勢や脊椎に負担のかかる特定の姿勢をとり続けるスポーツや仕事を行っているような人がなりやすいようです。


スポンサーリンク



はっきりは分かりませんが、尾木ママも現在67歳でかなりのハードスケジュールをこなしておられるように思います。加齢や特定の姿勢、筋力の低下などすべてが当てはまるように思われますね。しかも学生時代にむち打ちを経験されているということですから年齢とともに症状が悪化することは十分に考えられます。


生活習慣を改善することや手術をすることによって治すことは出来ますが、脊椎の神経が関係している場合本当に慎重に治療しないとそれこそネイマールじゃないですが、一歩間違えば車いす生活になります。本当に慎重に治療に当たっていただきたいものです。 またお元気なお姿を拝見したいものです。


本当にお忙しい生活をおくり、子供たちのことに親身になって下さっていますが、しばしご自分のお体もお気遣いください。



スポンサーリンク



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。