So-net無料ブログ作成

小保方晴子 STAP細胞論文撤回に同意したのはなぜ?その理由 [サイエンス]

スポンサーリンク



STAP細胞研究で、様々な疑惑からSTAP細胞の論文撤回を迫られ、論文撤回を頑に拒んできたユニットリーダの小保方晴子さんですが、論文撤回に同意したことにショックを感じている人が多いようです。


再生医療の進歩と成長を待ち望んでいる人たちからは驚きと失望の声が聞かれています。


あれほど『STAP細胞はあります』とはっきり会見で確信を込めて語り、論文にかけられていた嫌疑にも、対抗し、論文撤回を頑に拒んできた小保方晴子さんはなぜ突然に論文撤回に同意したのでしょうか?STAP論文問題で共に戦ってきた代理人の三木秀夫弁護士も困惑気味で、何か不安定な精神状態でそうせざるを得なかったのだろうと述べていましたが、小保方晴子さんが代理人の三木秀夫弁護士にその理由を語ったようですね。


代理人の三木秀夫弁護士によると小保方晴子さんは精神的に追いつめられ、本意ではないものの撤回せざるを得なかったと述べています。小保方晴子さんは三木秀夫弁護士に「仕方なかったんです。悲しいです。」と述べSTAP細胞の存在を確認するための検証実験に参加するためには、論文撤回に応じざるを得なかったようです。


4月に入院してからの小保方晴子さんは精神的にかなり不安定で、正常な判断で撤回に至ったわけではないのかもしれませんね。


理研の権威者である野依良治理事長はこの件でかなり怒っていましたし、小保方晴子さんも尊敬しているノーベル賞受賞者の野依良治理事長からSTAP細胞論文の撤回を迫られ、かなり重く受けとめていたようですし、STAP細胞の存在を確認するための検証実験に参加するためには、論文撤回に応じることが条件のようになっていたことから不本意ながら論文撤回に応じたようです。

スポンサーリンク


もっとも、ハーバード大学の共同著者バカンティ教授はまだ同意していないようなので、今後正式に撤回となるかはまだ分かりませんが、小保方晴子さんが同意したことで、STAP論文は白紙になる可能性は強くなったと言えるかもしれません。


もっとも、今回の論文撤回は世界的な評価で見ると研究そのものが無効になることを意味しているようですが、小保方晴子さんはSTAP細胞の存在を信じているからこそ、STAP細胞の存在を証明するための検証実験に自分も加わるために、論文を撤回することに同意したようなので、今後、すぐには無理かもしれませんが、STAP細胞はやっぱり存在していたというニュースが世間を騒がす時が来るかもしれませんね。


その時には小保方さんはガリレオになぞらえられるようになるかもしれませんね。


もっとも、その逆もあるとは思いますが。。。


今後も引き続き静観してゆきたいですね。。。


それにしても理研はうまくやったと思います。論文撤回と検証実験参加を天秤にかけるなんて!


小保方晴子さんにとっては酷な仕打ちですが、理研の利権を守るためには賢いやり方かも知れません。


小保方晴子さんは本当に検証実験に十分に加わらせてもらえるのでしょうか?


こちらも引き続き静観してゆきたいですね。。。



スポンサーリンク






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。