So-net無料ブログ作成

宮崎でバスハイジャック事件発生!その意図とは? [事件]

スポンサーリンク



2014年5月11日午後10時過ぎごろ、宮崎県内の高速バスに乗っていた乗客から「バスジャックにあっている」と宮崎県警に110番があったそうです。


 宮崎県警によるますと、ハイジャックされたと見られるバスは宮崎県えびの市の九州道えびのインターチェンジを降りた後に、駐車場に停車し、刃物を持った40代の男が乗客4人と運転手を人質に立てこもっているようです。今のところ、けが人は確認されていないようですが、心配ですね。


ハイジャックの語源としてはいくつか通説がありますが、


追いはぎを意味する「Highwayman」と密猟者を意味する「Jacker」を組み合わせた単語である「Hijacker」から転じたもの

「Stick'em up high, Jack(手を高く上げろ)」という強盗の文句から成立した

駅馬車強盗が駅馬車の御者を呼び止める時に「Hi, Jack!」(やい、おめぇ)と声をかけた事から

とWikipediaに述べられていましたが、日本ではハイジャックというと何か目的や意図を持った犯罪事件という印象を持ちますが、語源からするとたいした意図がなくてもハイジャックと呼べそうですね。


スポンサーリンク



今回の事件はどんな理由があるのでしょか?『どのような意図があっても他人の命を危険にさらす行為は許されるものではありませんよ!』(右京さん風に)

人質になっている三人の乗客と運転手の安否が心配ですね。

何もしてあげられないのが残念です。

40代の男性ということなのである程度常識が分かっている方だとは思いますが、そんなこととしても問題がさらに複雑化するだけです。

少なくとも人質には危害を加えることなく投降してほしいですね。

記事を書いているうちに状況が変化したようです。(^.^;


はさみのよな刃物で脅していたようですが、身柄をを確保されたようです。


何はともあれ身柄を確保されたのは良かったですね。
スポンサーリンク





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。