So-net無料ブログ作成

佐村河内守の『みずいろのまち』には第2のゴーストライターがいた!? [音楽]

スポンサーリンク



佐村河内守氏はの謝罪会見では福島県本宮市の『復興式典』で披露する予定だった市民の歌『みずいろのまち』は佐村河内氏は自分が作曲したと主張しており、新垣氏も自分は関わっていないと述べていましたが、実は都内大学に通う4年生の男性が編曲者として関与していたようです。


この大学生の男性は『HIROSHIMA』に感銘を受け、ファンレターを送り、佐村河内氏からなんと連絡があり、7分の自作曲を送るように依頼されたりし、交流を持ち、この本宮市の市民の歌の編曲をしてみないかと佐村河内氏から依頼されたようです。


曲自体は佐村河内氏が歌い、この大学生の男性がピアノで伴奏し、楽譜におこし、4声合唱にしていったようです。これが事実であるなら佐村河内氏の作曲といえるかもしれません。もっとも、どの程度編曲の段階でメロディーを変更したかにもよりますが。。。。


スポンサーリンク

佐村河内氏は新垣氏との関係以前にも作曲家として活動しており、当時は『打ち込み』で造っていたということですから、この市民の歌の主旋律程度であれば造ることは十分可能だと思いますけどね。もっとも、耳が聞こえたならばですが。。。。


色々いわれていますが、新垣氏が関係を終わらせようと働きかけた直後のことなので、悪くとらえるなら、佐村河内氏が第2の新垣氏を見いだそうとしていたのかもしれませんね。


何れにしても佐村河内氏に憧れてファンレターを書いた大学生の男性は本当に気の毒です。


このことで音楽に対する熱意が薄れてしまうことがないといいのですが。。。


あきらめないでピュアな音を追いかけ続けて下さい!


スポンサーリンク









旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場




















スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。