So-net無料ブログ作成

三重県女子中学生を殺害した少年のtwitter分析 [事件]

スポンサーリンク



三重朝日町の女子中学生を殺害したのが近くに住む18歳の少年だったことが衝撃を与えていますが、普通の家族の、普通の子がこのような凶悪事件を犯し、その後何ヶ月も普通に生活していられることが信じられませんが、現代社会の実態でもあります。


ニュース報道によりますとこの少年は取り調べに「金が欲しかった。面識はなく、1人でやった」と供述しており、襲ったのは計画的ではなくたまたまであったとも述べているようです。 事件の関与については認めてはいますが、反省の言葉はないようです。


ネットにはこの少年の名前も顔写真も流れているのも問題ですが、この少年もtwitterに事件後も事件に関する感想を投稿しており、犯罪を犯した人の心理を読み解く貴重な情報源ともなっています。


Twitterを見る限りこの少年は


野球部員であり、車好き、免許取得のために教習所に通い、A型であり、父母を大切に感じている。ようにとれる投稿をしていますね。事件後は平静を装って事件についても触れていますが、明らかに動揺しているとも読み取れます。

少年のツィート

こういうの見るといつ誰が犯罪者になってもおかしくないように感じますね。愛する我が子が突然そんなことになったらと思うと親の立場として身が引き締まります。


ただ、子供が悪の道に走る時はそれまでに必ず兆候があるはずですけどね。突然大きな犯罪を犯す子はいないはずです。必ずそれ以前に長期的に何らかの、暴力的になるとか、娯楽の種類が低俗化するとか、友達付き合いが変わったとか、言葉使いが変わったといった兆候があるはずですが・・・・・成長期に変化はつきものですから、親としてその重大な兆候に気づかないことがあるのかもしれませんね。


少年犯罪は親の責任が大きいですから親が出来ることとしてただ会話があるというレベルではなくもっと深いコミニュケーションを日々行える関係維持が重要ですね。


被害者のご両親も本当に気の毒です。今は犯人が逮捕されても未成年であり、やり切れない、許せない気持ちでいっぱいでしょうが、中学生の少女を一人で夜道を歩かせちゃだめですよ。本当に大切な子ならスーパーまで迎えに行かないと。。。


もっともそう出来なかった様々な事情があるはずですから部外者の私がとやかく言うことではないのかもしれませんが。。。


このような悲しい出来事が今後また起こらないために必要なのは、法律の整備や警察の保護ももちろん大切ですが、もっとも重要なのは愛する我が子を犯罪者にしないこと、そして愛する我が子を被害者にしないことであることをすべての親は明記しておくことです。


少なくとも法律上20歳までは親の監督下に子供は置かれていることを忘れないようにしたいですね。










旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場






















スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。