So-net無料ブログ作成

ビットコインのマウントゴックスサイトはなぜ閉鎖になったのか 今後換金できる? [ネットビジネス]

スポンサーリンク



 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の日本の取引サイトであるマウント・ゴックス社は2011年3月にビットコインの取引交換所が閉鎖状態になっているようです。


 同取引所では2月7日から、ビットコイン取引の機能に不具合があるとして取引を停止していましたが、運営するマウント・ゴックス社(東京)の担当者は2月中旬に、「しばらく何も話せない」と述べていました。


同社のホームページも2月25日現在、閲覧できない状態になっており、今後、同社に預けたビットコインの370億円相当が換金ができなくなる可能性もあるそうです。


なぜマウント・ゴックス社の取引所は閉鎖になったのでしょうか?これに関する怪文書が出回っており、信憑性は定かではありませんが、これによるとマウント・ゴックス社はサイバー攻撃により、数年間に渡り、744,408BTCを失ったとのことです。Mt.Goxはすでにいつ破産してもおかしくない状況にあるそうです。ビットコイン全体への影響は計り知れなく、状況は、マウント・ゴックス社を救出するしないというレベルを超えているということです。


この問題はビットコインの問題というよりマウント・ゴックス社一社の問題ということなのでビットコインの取引の信頼性が問われることにはならないかもしれませんが、マウント・ゴックス社で取引を行っている方は何らかの措置がとれることをお祈りしています。もともとビットコインはハイリスクなもので日本の法律では利用者を守ることが出来ないものなので利用者が自己責任で運用しなくてはならない性質のものですが、利用者としてはたまったものではありませんよね。


 マウント・ゴックス社は2011年3月にビットコインの取引交換所をネット上に開設し、それ以来、取引量は1000億円以上にのぼっており、一時期は世界のビットコインの8割を扱っていたとされれていました。


 








旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場





















スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。