So-net無料ブログ作成

餃子の王将の社長はなぜ襲撃されたのでしょか? [事件]

スポンサーリンク



12月19日午前7時頃、京都市山科区の「餃子の王将」本社前の駐車場で、同社の大東隆行社長(72)が血を流して倒れていたのを従業員が発見したようですが、なんと拳銃で撃たれていたようで、間もなく死亡が確認されてたようです。


この社長は毎朝5時半から本社に出勤して掃除を行っていたようですが、今回もそんな時に襲われたのでしょうか?


理由は分かりませんが、仕事熱心な社長さんを襲撃した悪党の仕業でしたら、けしからんことですね。経営再建にも尽力なさった立派な方のようですし。。。



もっとも、色々な憶測がなされてもいますが。。。

裏の世界と繋がっていたとか。。。

ブラック企業だったとか。。。。

そういえば王将と言えば最近では客が全裸で撮影したことや従業員がいたずらで撮影して処分されるといったこともありましたね。


そのようなことも今回と関係している可能性もなきにしもあらずではありますが。。。


何れにしても命があればそのあとの可能性というものが残されています。
しかし、命を奪ってしまったらそれでおしまいです。


どんな理由があっても人の命を奪ってよい理由なんてありませんよ!(右京さん風に)














スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。