So-net無料ブログ作成

大橋巨泉さんの中咽頭がんも回復に意欲 [芸能]

スポンサーリンク



タレントの大橋巨泉さんが、中咽頭がんを発症し手術を受けていたことが報道されていますね。


人間ののどは、咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)からできていて、このうち咽頭は鼻の奥から食道までの、食べ物と空気が通る部分で、上咽頭、中咽頭、下咽頭に分かれていますがこの中咽頭は口を大きく開けた時、口の奥に見える場所で、中咽頭は、食物や空気の通路であり、食物をのみ込む嚥下や言葉を話す構音をうまく行うための重要な働きをしています。


中咽頭がんは頭頸部がんに含まれますが症状としては喉の痛みや食べ物の飲み込みにくさしゃべりにくさなどから耐えられない痛みや出血呼吸困難に発展してゆき命の危険が及ぶようです。


時にはがんのそのような症状がなくリンパ節の腫れだけが症状の場合もあるようです。





 11月の初め頃に大橋さんご本人が右耳の下に腫れを見つけ、診察を受けたところ、へんとうにできた悪性腫瘍がリンパ節に転移したものだと判明したそうです。「ステージ4」ということなのでかなり進行していることになります。ただ、治療が可能のようで、既に先週に手術を受けてがんを無事摘出されたようです。ご本人はいたって元気で、回復に向けて意欲を見せておられるようです。いるという。へんとうの腫瘍については今後放射線治療を受けてゆくそうです。大橋さんは2005年にも胃がんの手術を受け、胃を半分程度摘出しているので、がん体質がまだ改善されていないのでしょうか?


くれぐれもお気をつけ下さい。


またあのトークが聞きたいものです。













スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。