So-net無料ブログ作成

桜木琢磨稲沢市議が中国で拘束された本当の理由 [ニュース]

スポンサーリンク



愛知県稲沢市の桜木琢磨市議(70)が、中国広東省の空港で、違法薬物を所持していた疑いが持たれて身柄を拘束されているそうですね。

薬物の量は3kgとか。軽くはないですよね。何かを持っていたことは認識していたんでしょうかね? 現地の日本総領事館職員が広州市内の拘置所で桜木市議と面会したところ、「何も知らなかった」と容疑を否認したといいます。


こういったことが多く、公の職務に就く人たちへの信頼が薄れてしまいますが、本当に罪が確定されるまで信じる気持ちも忘れないようにしたいですよね。


実際知らずに薬物の運び屋にさせられてしまうケースも多いですから。


そこでこのような事件に知らずに巻き込まれるケースを考えてみました。


まず、

無料で海外旅行に行けると募集をかけるケース。

応募し当選した人に荷物運びを依頼し、空港や特定の場所に届けるというもの。でも実は中身は麻薬である。無料には必ず理由があります。気をつけましょう。



高額報酬のアルバイトとして募るケース。

麻薬の運搬であることは当然明かさず、海外で受け取った荷物、あるいは日本国内で受け取った荷物を、指定されたホテルに届けて連絡するだけで高額な報酬を約束。 でも中身は麻薬であるというもの。就職難に困っている人たちが狙われている。







ラブ・コネクションというケース

日本国内あるいは海外で親しくなった異性に帰国あるいは渡航の際にスーツケースに仕組まれて知らずに薬物の運び屋にさせられてしまうというもの。
最近、女性の無実を主張する逮捕者が増えているのは、このケースの増加があるのではないでしょうか?。出会うきっかけはナンパや、出会い系サイトも使われているようですので気をつけましょう。



旅行中に手荷物を渡すことを頼まれるケース

旅行中に親しくなった外国人、あるいは日本国内で知り合った外国人に日本あるいは渡航先にいる家族に荷物を届けて欲しいなどと頼まれることもあるようです。これは内密のプレゼントだからなどと言われたら中身も確認し難くなります。そのようにしまんまと薬物の運び屋にさせられたらたまりません。



他にも旅行先でスーツケースを盗難され、コーディネーターが代わりに用意したスーツケースで入国したところ、その中に薬物が仕組まれていたということもあるようです。



他にも意図せず運び屋にさせられるケースはあるように思います。


最後の可能性としてご本人が過ちを犯したケースです。その場合にも動機の面では色々考えられるでしょう。言うに言えない事情があったのかもしれません。もしそうであったなら一刻も早く罪を認めて悔い改めてほしいと思いますね。



でもわたしたちとしては、自分たちが選んだ人に疑いが生じたとき、簡単に手のひらを返さないようにしたいですね。







この疑惑を抱かせることの多い時代に人を信じる心を保つのは至難の業ではありますがね。。













旅行なら楽天トラベル


お買い物なら楽天市場






















スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。